忍者ブログ

つっこみまちのバタフライ

つとみやあかつきがその日あったこととか妄想とかたれながしにしてるブログです 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


紫煙ひとつ(米+日)の別バージョン。
今度はメリカがいない。
…煙シリーズ?
いや、でももうネタ切れ…あー骸書きたい
兄ちゃんと骸さんは属性が似てると思うんだ、攻だとへんたい!(えがお)
さぁ、課題やろう…

+++++++++++++
目が覚めたら日本がいなかった。

「…………、」

眠りに落ちる時はいた筈だ。
事実伸ばした腕の先には彼のフトンがある。
ただ、そこにいる筈の人物がいない。

「にほん…?」

ぼうっとする頭と回らない口で彼を探せば、何処か嗅ぎ慣れたような匂いと共に返事が返ってきた。

「イギリスさん。すみません、起こしてしまいましたか」
「いや…そうじゃない、けど…外にいるのか?」
「縁側ですよ」

エンガワ…日本がよく座ってお茶を飲んでいたりしているところか。
満月を見るのもそこでやっていた気がするな。

「なに、してるんだ…?」

ずるずると四つん這いで進んで(考えてみれば随分俺らしくもない。立ち上がれば良いのに)エンガワに顔をだせば、そこにはちゃんと日本がいて少し安心した。

「久方振りに煙管でもと思いまして」

にこりと微笑んでこっちを見る日本の手にはなるほど、細長いパイプが握られている。
嗅ぎ慣れたような匂いは煙草の薫りか。

「…パイプか?それ」
「イギリスさんのところではそう呼んでいたと思います」
「形が随分違うな」
「そうですね」
「…俺も久し振りにやろうかな」
「良いですねぇ」

ふたり並んで煙草など、何とも趣がありましょうよ。呟くのが聞こえた。
なんとなく嬉しそうな響きを持っていたのは俺の独り善がりな感想だろうか。

「葉はあるか?」
「御座いますよ。わたしのところのものですが」
「良いさ。ちょっとパイプを取ってくる」

パイプなら確か、鞄の中に入っている筈だと思いながら鞄をまさぐり、目当てを見つけて日本のところに急ぐ。

「あった。貰えるか?」
「どうぞ」
「ありがとう」

火を入れて2、3度吸った後煙を吐き出す。
本国のものとは違う味がした。

「…日本はよくやるのか?」
「そう滅多には。時々、そうですね、こんな夜にやりたくなります」

そうしてふたつ、白煙がひゅうと鳴る風に散った。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

ブログ内検索

プロフィール

HN:
都度宮朱月
年齢:
26
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/05
職業:
学生
趣味:
読書・音ゲ・ネサフ
自己紹介:
絶賛引きこもり中
ポップンレベル35くらい
只今ヘタリア中心キタユメ。嵌り中
好きCP:六紫・米加・D骸・金つら・独日・英日・墺日・普日・瑞日・西日・仏日・墺洪・普列。やまほま・すん+のと・利薄・♂メイルカ・カイメイ
基本的に雑食なのでかくのは兎も角読むのはオールマイティー

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 都度宮朱月. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim