忍者ブログ

つっこみまちのバタフライ

つとみやあかつきがその日あったこととか妄想とかたれながしにしてるブログです 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


・幹体細胞と錘体細胞
焦点を合わせるより視界の隅にとどめたほうがより光を感じることに気付いたよ!

・今日の小説
ばとんから引っ張ってきたお題です。
創作意欲…ってやつ

+++++++++++++
夢を見た。
あの子の夢だ。

「…………会いたい、」

思ったら行動あるのみ。
会いたいなら会いに行けばいい!
幸い今は交通手段が発達しているから、1日とかけずにあの子の処まで行ける。

「よっしゃ、行ったろ!」

ベッドのスプリングを軋ませて飛び起きる。
ああそうだ、せっかく会いに行くのだからお土産を持って行こうか。
それとも格好付けて上等な服でも着ていく?
どっちにしたってきっとあの子は始めに驚いてから、はにかんだような可愛らしい笑顔を向けてくれるんだろう。
そのあときっと優しい声で名前を呼んでくれるのだ。
すぺいんさん。なんて。
思い出すだけで顔が緩む。

「…スペインー…?」
「あ、なんやロマーノ、起こしてしもた?ごめんなー」
「んー…いいけどよ…どっか行くの、か?」
「ちょおな。日本のとこ行ってくるわ」
「…時差は?」
「あ。考えてへんかった…えーと今が大体昼すぎ?んでーフライトが10時間くらいやから…着くと夜中やん!もー!」
「…昼に出ればいーじゃねーか」
「あ、それもそやな」
「そんなことより腹減ったぞこんにゃろー」
「はいはい、ほな朝ご飯にしよか」

お土産どないしよ、問い掛けたら、目をこすりながらロマーノがパンを取りに歩いて、トマトでいいんじゃねぇの、なんて。
明らかに適当な答えを返してくる。

「ちょ、ロマーノ真面目に考えたって!」
「めんどい」
「つめたっ!そんな冷たい子に育てた覚えはないでロマーノ!」
「なんだよ…日本だったら何やっても取りあえず喜ぶんじゃねーの?」
「せやから悩むんやないか…どうせならほんまに喜んでくれるもんあげたいし」
「…ふぅん」

厚めに切ったパンをトースターに放り込みながら、ロマーノは良く分かっていなさそうな声を出した。










「そんなことがあったんですか」

その日の昼にとにかく日本まで行こうと飛行機に飛び乗って、いつもどおりに可愛い笑顔に迎えられて。
柔らかく陽の当たる縁側でゆったりと日本の淹れたお茶を飲みながら話をする。

「そやねん、ロマーノ冷たいやろ?」
「ふふ…でも、スペインさん」
「ん?」
「ロマーノくんの言うとおり、私、あなたが持ってきてくださるものならなんだって嬉しいですよ」

ふうわりとたおやかな笑顔をうかべた愛しい愛しい恋人は。
全くなんて可愛いんだろう。

「……ああもう日本大好きやー!!」
「おやおや、ありがとうございます」
「なぁ日本は?日本は俺のこと好きやって思ぉてくれとる?」
「あら…ええ、そうですね、とても。…好き、ですよ」

はにかむ顔は何にも変えがたい!
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

ブログ内検索

プロフィール

HN:
都度宮朱月
年齢:
27
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/05
職業:
学生
趣味:
読書・音ゲ・ネサフ
自己紹介:
絶賛引きこもり中
ポップンレベル35くらい
只今ヘタリア中心キタユメ。嵌り中
好きCP:六紫・米加・D骸・金つら・独日・英日・墺日・普日・瑞日・西日・仏日・墺洪・普列。やまほま・すん+のと・利薄・♂メイルカ・カイメイ
基本的に雑食なのでかくのは兎も角読むのはオールマイティー

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 都度宮朱月. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim