忍者ブログ

つっこみまちのバタフライ

つとみやあかつきがその日あったこととか妄想とかたれながしにしてるブログです 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ベルマモじゃねぇよ此れ。
ベル+マモだよ。
なんでルッスがケーキとか作ってるんだろう…ルッス好きだからかな
因みにスーだとクッキーになる(笑)


+++++++++++++++++
「マーモンだ」
「よろしく、」

そいつは、ボスの後ろからひょっこりと顔を出して挨拶をした。
目深に被ったフード、頭にちょこんと乗った黒い蛙。
小さい。
それが最初の印象。

「あら可愛い」
「小せぇなぁ゛…いいのかぁボス?」
「実力はある」

ししし、ボスってばマーモンの事気に入ってるみたいだね。
実はボスって小さくて可愛いモノ大好きだし。

「ふぅん…マーモン、オレはベルフェゴール。ベルな。王子って呼んでいーぜ、マーモン飴食う?」
「…子供扱いは嫌いなんだけど」
「子供じゃん。寧ろ赤ん坊じゃん」
「それでもだよ」


きんいろ。
ティアラ。
自称王子。
彼の第一印象はこれくらいだ。
あとは子供扱いをする気に入らない奴。

「マーモンマーモンすげぇ見てコレ!」
「なにそれ…うわ」
「ちょーデカいよこの蝸牛!」

あぁ、でもよく構ってくれるし彼の方が子供っぽい事もよくある。
みんな少しずつ違った構い方。
ボスは無言で何かくれる。玩具とかお菓子とか。
スクアーロはよく抱き上げてくれる。
ルッスーリアはお菓子を作ってくれる。
レヴィは何も言わない。でも落ち着く。
ゴーラはまぁ…大きいから乗っていられていいかな。

「ちょっ止めてよベルこっちに持ってくるの!だいたい君王子なら普通蝸牛とか持たないでしょ!」
「うしし、王子に不可能はないって知らないのマーモン。それよりさぁオレお腹空いちゃった」
「僕は空いてないよ…ルッスーリアがいま何か作ってるでしょ」
「何かなールッスーリアの事だからケーキかなー」
「チーズケーキだと思うよ」

小春日和の庭で、こうしてふたりそよ風に吹かれるのも悪くない。

さやさやと吹く風の中、切り裂き王子と呪われた子供がそんな事を想った。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

ブログ内検索

プロフィール

HN:
都度宮朱月
年齢:
26
性別:
非公開
誕生日:
1990/11/05
職業:
学生
趣味:
読書・音ゲ・ネサフ
自己紹介:
絶賛引きこもり中
ポップンレベル35くらい
只今ヘタリア中心キタユメ。嵌り中
好きCP:六紫・米加・D骸・金つら・独日・英日・墺日・普日・瑞日・西日・仏日・墺洪・普列。やまほま・すん+のと・利薄・♂メイルカ・カイメイ
基本的に雑食なのでかくのは兎も角読むのはオールマイティー

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 都度宮朱月. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim